創業祭を行います。2017.11.23

2017/11/11
by ましの ひでき
もちつき

22年前、平成7年の12月に雪だるま物産館はオープンしています。そんなことから、毎年12月に創業祭を行っています。が、今年は天候などの都合から11月23日(祝日)に行うことにしました。会場は雪だるま物産館です。

内容ですが、餅つきを11時と13時から、搗きたてのお餅は無料です。餅つきに参加したい方は、この時間に来てください。あと、キノコ汁を無料で提供します。この11月23日限定の出荷者のお母さんたちによる、飲食品の販売(モツ煮、赤飯、巻きずし、笹もち、おはぎ、フィリピンのおかゆ(アロスカルド))が10時から14時まで。越冬用の野菜(だいこん、白菜、さといもなど)、アワもち豆もちよもぎもち、コンニャク芋、そば粉しめ縄箱入りもち鏡もち、の販売を予定しています。さらに、お買い上げ1000円で一回ひける抽選会も行います。(何が当たるのでしょうか?)。会場の雪だるま物産館は、9時開店、18時閉店です。チラシ(pdfファイル)

また、この日は安塚区伏野(真荻平)地区にて「伏野そばまつり」(午前11時~午後2時)もありますので、
是非、この機会にお立寄りください。

江東区民まつり2017に行ってきました

2017/11/08
by ましの ひでき
江東区民まつり2017

10/28(土)-29(日)、「第35回江東区民まつり中央まつり」に行ってきました。

 会場は、東京都江東区、木場公園です。例年、第三週の土日に行われていますが、2020年東京オリンピックの1000日前に合わせて、第四週の土日開催になりました。私たちは、このイベントの中のはるばるバザール(各地方の物産展)に参加しました。はるばるバザールでは、約40の地方自治体、北海道から沖縄までの方が参加して、それぞれの地域の特産品を販売しました。私たちは、ズイキ里芋、レンコンなどの秋野菜、かきもち味噌、など農産加工品、キノコ汁、おでん、チマキ、おやきなどを販売しました。隣りは、岩手県平泉町、栃木県足利市の方でした。

 前の週の21-22日の週末にかけては、大型の台風21号が接近して、ひどい天気でした。それもあって28-29日は、大丈夫だ、と思っていたのですが、あれ、台風22号がまた接近中。そんな天気の中で、27日金曜日の夕方に出発し、会場周辺のホテルに泊まって、28日土曜日を迎えました。天候は、くもりで、午後になって少し雨が降ってきました。
 あまりいい天気でないにも関わらず、たくさんのお客様が、ズイキ、里芋、キノコ汁、おやきを買っていってくれます。15名のスタッフがいたのですが、交代で昼休みをとるのがやっと位の状態でした。雨がやや降ってきて、16時の終了時間になり土曜日の営業を終えて、ホテルに向かいました。天気予報では、日曜日は雨でしたので、今日ほどは売れないな、と感じながら・・

 29日、日曜日8時にホテルを出て、木場公園に向かいました。案の定、雨が降っています。駐車場に着くと、いつも誘導をしてくれる方がいまして、何か言いたい感じで待っています。

 「今日のまつりは、中止です」

 ガーン、えー中止・・・。あまり、風も吹いていないし、できそうだけど、商品もまだいっぱい残っているし・・・。と感じましたが、台風は、夕方には関東に近づく予報だったので、実行委員会の方の判断は無難な判断だったと思います。雨も結構、降ってきました。ちょっと残念、と感じながら片づけをして、帰路に着きました。

 毎年、来場者数は40万人前後でしたが、今年は15万人ということでした。台風が近づく中で、一日しかできなかったので。一日できただけでも、よかったのかもしれません。

第10回スローフードやすづか屋台村とJazzH29.11.5(日)

2017/11/03
by ましの ひでき

第10回スローフードやすづか屋台村とJazzが
H29.11.5(日) キューピットバレイスキー場にて開催されます。

やすづかの食材を生かした地域の郷土料理などが並びます。

主な予定メニュー
ズイキ酢の物、キャベツ白和え、ポテトサラダ、里芋のから揚げ、クジラ汁、クジラのおさしみ、ゼンマイ煮物、冬瓜ごま酢和え、くるみサラダ、里芋とイカの煮物、白エビのから揚げ、やきもち、かぼちゃケーキ、野菜餃子、野沢菜パン、ジェラートモチモチおやき、野草茶などを予定しています

お一人さま大人3800円、小学生以下1500円です。(消費税込、お飲み物は、別料金です)
チケットにはまだ、少し余裕があります。
時間は、11月5日の17:30からです。(終了20:00予定)
お申込み・お問い合せは、安塚観光協会(キューピットバレイスキー場) TEL025-593-2043
送迎 (高田・直江津方面) 高田駅発15:45、直江津駅南口16:15、浦川原区経由、キューピットバレイスキー場
(安塚区内) 虫川大杉駅16:30、安塚区内経由、キューピットバレイスキー場
送迎は、お申込み時に、ご確認下さい
チラシ 第10回スローフードやすづか屋台村 pdfファイル

江東区民まつり2017に行ってきます

2017/10/21
by ましの ひでき
キノコ汁

 第35回江東区民まつり中央まつりが東京都江東区の都立木場公園にて、10月28日(土)29日(日)午前10時から午後4時まで行われます。このまつりの「はるばるバザール」というイベントに全国各地の約40の市町村が、それぞれ地域の特産品を販売しますが、そこへ参加します。新潟県上越市安塚区からは11名が参加予定です。
 主な販売品目は、ズイキ里芋、しょうが、れんこん、ねぎ、キノコ汁、おやき、おでん、ちまきなどの販売を予定しています。
 アクセスは、東京メトロ東西線 木場駅下車 徒歩5分です。木場公園は、北側と南側に分かれていますが、「はるばるバザール」の行われる入口広場は、南側の中の北西側の入り口になります。木場駅から三ツ目通りを歩いていくと、深川消防署、警察署があって、その少し先です。駐車場は、木場公園内は少ないので、近隣の駐車場を探したほうがいいと思います。自転車・バイクの駐輪場はあります。
 日曜日には、この入口広場の池で「木場の角乗」という伝統芸が行われます。池に浮かべた大きな材木の上で芸を披露します。そうなんですね、ここは木場・・貯木場だったんですね、1960年代の航空写真を見ると、たくさんの材木が、水路に浮かんでいます。現在、貯木場はもっと沖の海の方にありますが。川の水位が高いので、橋が坂になっていて、上って下る感じです。地面の高さがかなり低い、ということですね。
 江東区周辺の方、是非、遊びに来てください。江東区民まつり実行委員会のページ

「もちつき」をしています、新米まつり2017

2017/10/07
by ましの ひでき

 10月連休になりました。毎年、この時期に新米まつりを行っています。2017年は、10月7-9日です。

 内容は、10時から14時まで、新米のおにぎり、赤飯、おはぎ、秋野菜の天ぷら、チマキ、おでんなどの販売、新米の重さ当てクイズ、11時からもちつきをしています。もちつきは、どなたでも、参加できますので、参加したい方は、11時に雪だるま物産館正面玄関前までお越しください。

 もち米は、安塚区産の新米こがねもち。洗米して、一晩、吸水させて、約一時間、蒸し器で、蒸かします。蒸かしたもち米を臼にあけます。が、まだ粒がしっかり残っていますので、杵で、しっかりと粒がなくなるまで、つぶしていきます。粒が残ったまま、つこうとすると、周りにご飯粒が飛び散ります。餅をつく人が一人の時は、このつぶしの段階で、結構くたびれています。ご飯粒がなくなってきたら、いよいよ餅つきです。少し練習をすれば、杵でつくのは、それほど難しくありません。やや力はいりますが。あと若干の持久力も。で、実は要のパートの方は、ついている餅をかえす人です。「手返し」と呼んでいますが。この手返しをする人が、もちのつき具合をみながら、同じ場所ばかりついても意味がありませんので、周辺の部分をまん中へ、返していきます。また、この手返しをする人は、杵でたたかれるかもしれない、という危険と隣り合わせですので、つく人の動きも同時に見ていないといけません。

 と、やや危険な作業ですが、温かい内になんとかつきあがると、黄な粉をまぶして、みなさんに食べていただいています。餅つきに参加される方は、子供と、やや高齢の方が多いです。高齢の方は意外と、上手です。まあ、だいたい経験のある方のようです。「なつかしい」とか「昔、やったことがある」とかおっしゃっています。

 もちつきをしたことがない方は、是非チャレンジしてみて下さい。

上杉謙信公が来ました

2017/09/26
by ましの ひでき

 上杉謙信は、今の上越市の春日山城で1530年に生まれたそうです。約500年も前の話ですね。
 ということで、ご存命な訳ではありませんが、現在、「越後上越 上杉おもてなし武将隊」として、上越市の観光PR活動をされています。
 その「おもてなし武将隊」が2月に雪だるま物産館に、来ていただいて上越市の観光施設PRの一環として、雪だるま物産館の紹介動画を作っていただきました。こちらのサイトからご覧下さい(上杉おもてなし武将隊-観光スポットめぐり)
 おもてなし武将隊は、ふだん春日山城跡、上越市埋蔵文化財センター等で、観光客のおもてなしを行っています。


 
 


世田谷区民まつり2017に行ってきました(報告)

2017/08/14
by ましの ひでき
上越市安塚区のテント

8/5(土)-6(日)と「第40回せたがやふるさと区民まつり」に行ってきました。

 会場は、世田谷区役所と、その近くの若林公園です。例年、馬事公苑で行われていましたが、2020年東京オリンピックの関係で、会場がこちらになりました。私たちは、このイベントの中のふるさと物産展という所(若林公園)に参加しました。ふるさと物産展は、35の地方自治体、北海道から沖縄までの方が参加しています。それぞれの地域の特産品を販売しています。私たちは、笹だんごかきもち味噌みょうがゆうがおなどの夏野菜を販売しました。左隣りは、茨城県大子町で、おやき、地ビールを販売、右隣りは、島根県隠岐の島町でサザエ、バイ貝を焼いて販売していました。

 真夏ですので、暑さの心配をしていましたが、若林公園は、立派な木がいっぱいあり、木陰の下での販売だったので、何とか過ごすことができました。雨は降らず、またお日様が、かんかん照りになることもなく、ちょうど良い天気でした。

 毎年、来場者数は30万人前後でしたが、今年は約4万人ということで、会場も変わりイベントの規模も若干小さくなり、来場者の数え方も変わったでしょうから、単純に比較はできませんが、例年からすると少なかった印象です。

 若林公園の東側は松陰神社(吉田松陰を祀る神社)、西側は国士舘大学となっていまして、松陰神社の参道などでもイベントが行われていました。国士舘大学の方は、夏休みの土日のせいか、ひっそりと静かでした。

 今年は、会場変更があって実行委員会の方は、大変だったと思います。その中で、ふるさと物産展をいつもとあまり変わることなく設営・準備していただいたことに、感謝いたします。

世田谷区民まつり2017に行ってきます(予告)

2017/07/27
by ましの ひでき
せたがや区民まつり

せたがやふるさと区民まつりが東京都世田谷区の世田谷区役所周辺で2017年8月5日(土)、6日(日)と行われます。
雪だるま物産館から4名、笹だんごかきもち味噌夏野菜を持って販売に行きます。今まで毎年、会場は馬事公苑(東京農大の隣)でしたが、東京オリンピックの関係で工事が始まっているそうで、当分、区役所周辺で行われるそうです。
この時期ですので、とにかく例年暑いです。でも、たくさんの方から来ていただいていますので、熱中症にならない程度に2日間がんばろうと思います。私たちは、ふるさと物産展の中に出店していますが、今回も全部で35の地方自治体が参加しています。北海道から沖縄まで。みんな若林公園の中です。新潟県上越市は、Aブロックの9番のテントです。若林公園の国士舘大学側の方にありますので、近隣の方、お立寄りいただけると幸いです。
アクセスは、自家用車は、だめだそうです。駐車場がありません。自転車は、駐輪場があります。電車は、東急世田谷線「松陰神社前駅」または「世田谷駅」下車、徒歩5分。渋谷駅から、世田谷区役所までバスもあるそうです。

餅丸長者のお屋敷に行ってきました

2017/07/17
by ましの ひでき
長者屋敷

 餅丸長者は、こちら旧東頸城郡に伝わる民話「雪太郎」に出てくる髭の長者様が由来です。そして、こちらの近くの上越市牧区の山奥に「長者屋敷」という地名があって、ここで栽培した大根は、雪太郎大根として、販売しています。先日、機会があってこちらを訪ねることができました。
「長者屋敷」とは言っていますが、何か建物の遺構などがあるわけではなくて、大根の畑のそばに石碑が建っているだけなのですが、真夏でも少し涼しくて、直江津付近の日本海が、よく見えそうな所でした。

雪むろ開き7/15-16

2017/07/09
by ましの ひでき
雪むろ開き

7月15日(土)、16日(日)

雪むろ見学

 11時と13時から 各回10分程度

 ふだん公開していない雪むろの中をご案内します

雪中熟成酒の試飲(10時~15時)

 純米原酒、吟醸酒を試飲できます

・雪中貯蔵米の試食(10時~15時)

 雪中保存した、安塚区産コシヒカリを試食できます

上記は、無料です。

 雪中熟成酒、雪中貯蔵米、夏野菜など販売して

います。雪むろの雪を使った雪冷房もしています。