国道403号冬期通行止め(上越市安塚区-長野県飯山市)

2018/11/04
by ましの ひでき
冬期通行止め看板

 国道403号線、新潟県上越市安塚区須川、キューピットバレイスキー場から、長野県境(長野県飯山市)までの間が、2018年11月6日火曜日16時から冬期通行止めになります。

 菱ヶ岳の西側を通って、長野県の飯山市に抜ける道路です。豪雪地帯ということもあり、冬期間、除雪ができませんので、おおむね来年の6月頃まで、通行止めになります。県境の近くは5メートル位の積雪になるんでしょうか。まだ積雪は、ありませんが、いつ降ってもおかしくない時期になりました。

 この付近の峠を越える道路で、冬も通行止めにならないのは、国道353号線(十日町市)、国道292号線(妙高市)などです。

 スキー場の付近は、現在、紅葉しています。例年より、きれいに見えるようです。

国道253号線(上越市浦川原区顕聖寺)の交互通行について

2018/08/18
by ましの ひでき
国道253号歩道拡幅工事

国道253号線(上越市-南魚沼市)の上越市浦川原区顕聖寺にて、歩道の拡幅工事を行っています。
そのため、平成30年11月の末まで、片側交互通行になっています。

道がすいている時は、それほど待たずに通過できると思いますが、混雑している時は、少し待つことになると思います。
上沼道の浦川原‐安塚インター間(無料)が、並行している道路になりますので、こちらを利用されるといいかもしれません。ただ、国道253号をまっすぐ行った場合は行った場合が4.8kmで、上沼道を経由すると6.7kmで、約2km差があり、時間にして2-3分余計にかかります。混雑具合をみながら利用して下さい。


国道405号線(上越市安塚区上船倉)の通行止めについて-雪だるま物産館

2018/07/11
by ましの ひでき

国道405号線の上越市安塚区上船倉・・・船倉地域生涯学習センターのすぐ下のあたり・・・が、側溝修繕のため、2018年7月9日から7月30日の平日の昼間8:30-17:00の間、通行止めになっています。が、現地に行って確認してみたところ、側溝の修繕の距離は約40m程度で、すぐ脇に迂回路があり、その距離は80m程度でした。(写真の図のとおりです。)

ということですので、あまり気にされずに、通行されたらいいと思います。(日曜・祝日・夜間は工事はしていません。)
私たちの雪だるま物産館から、この辺りを通過すると、その先は、大島区の菖蒲地区になります。

国道403号(上越市安塚区-長野県飯山市)冬期通行止め解除

2018/06/16
by ましの ひでき
上越市安塚区円平坊付近

 上越市安塚区のキューピットバレイスキー場から長野県飯山市の藤沢(栄村に近いところ)に至る伏野峠を越えていく国道403号線の冬期通行止めが、平成30年6月15日午後2時に解除になりました。
 冬期には、約8メートル?の積雪のあるところです。一年の半分も、通ることができません。道幅はかなり狭いです。バスは、厳しいと思います。こちらの道の駅から飯山市藤沢(信濃川沿い・栄村の境界近く)まで、車で、約1時間かかります。
 新潟県側から行くと、キューピットバレイスキー場を過ぎて、左に菱ヶ岳を望むと、登山口と不動滝の入口があります。車が若干の台数とめられます。峠の付近は、新潟県側は眺望が開けています。長野県飯山市に入ると、森の中のつづら折りの道を下っていきます。ため池の辺りを過ぎると、右に広い道路があります。飯山市の中心部に出るには、こちらの道を行くといいと思います。
 11月には、また雪が降り始め、冬期通行止めになると思います。機会がありましたら通ってみて下さい。
 2018年11月6日から冬期通行止めになっています

国道403号線の一部、冬期通行止め

2018/03/06
by ましの ひでき
国道403号看板

南魚沼市 六日町方面から国道253号線で、上越市安塚区のキューピットバレイスキー場方面を目指して、カーナビで目的地の設定をすると、まつだい駅を過ぎた、十日町市池尻の交差点から、国道403号線を案内されることが、あるそうです。しかし、上越市大島区大島から安塚区細野の間は、冬期通行止めなので、もう一度、253号線に戻る形になります。ですので、池尻の交差点はそのまま直進して、浦川原区虫川まで、来ていただくのが、一番早い道になります。(2018年3月29日13時、国道403号大島区大島から安塚区細野間の通行止め解除になっています。)

国道403号線のキューピットバレイスキー場(上越市安塚区須川)から長野県(飯山市)方面も冬期は通行止めです。スキー場があるくらいなので、簡単に除雪できない量の雪があり、こちらは、6月の上旬位まで通行止めです。(6月15日に通行止め解除になっています)
2018年11月6日から冬期通行止めになっています

私は、雪国に暮らしていますので、冬期通行止め、があるのは当たり前だと思っていますが、ほとんどの方は、そんなに雪の多いところに住んでいらっしゃいませんので、「あれー、国道が通行止めなんですか?」という感じかもしれませんね。交通量の多い道は、雪が降っても除雪をしてもらえるので、そんなに不便を感じることはありません。

六日町I.C.から国道253号線で上越方面へ向かわれる方へ

2018/02/21
by ましの ひでき
国道253号線看板

関越自動車道 六日町I.C.から、上越市方面へ向かわれる方へ
 もう2月も終わりに近づいてきましたが、まだ雪はたくさんありますし、スキーなどで、新潟に来ていただく方も多いと思います。私の直売所も、スキー場の手前に位置しているため、関東方面からお越しいただくお客様もいらっしゃいます。そんなお客様から、この冬、こんな話を聞きました。

「国道253号線が通行止めになっている。」という話です。
実は、通行止めにはなっていない、のですが、いつも通りの道を行こうとすると、通行止めと書いてあります。
 昨年(平成29年)11月25日に国道253号線の六日町の辺りは、新しい道に変更になっています。「八箇(はっか)峠道路」という名前です。今までの国道も八箇峠を通っていたので、分かりにくいのですが、ルートはだいぶ変わっています。
 六日町I.C.を降りて右に行くと、「雪国まいたけ」さんがありますが、次の信号で、すぐに右に曲がります。数分で、八箇峠道路の入り口、野田I.C.に着きます。ここからは自動車専用道路で、十日町市の八箇I.C.まで、約7kmなので、あっという間に着くと思います。
 今までどおりに、六日町I.C.出口を右に曲りそのまま、まっすぐ旧国道を行くと、ムイカスノーリゾート(旧六日町ミナミスキー場)に着きますが、ここで通行止め(冬期)になります。

 国道253号線は、六日町から上越市方面を結ぶ基幹道路ですが、現在「上越魚沼地域振興快速道路」という名前で、少しずつ改良が進んでいて、今回の八箇峠道路もその一部となっています。上越市の方は、ほんのわずかですが、浦川原I.C.と安塚I.C.の約5kmだけ開通しています。全線開通は、だいぶ先の話ですが、少しずつ良くなっていますので、ありがたいですね。


コメント

投稿はありません

新規投稿