旬の野菜

1,500  (税込)
安塚産の旬の野菜セットです。都会のスーパーにはあまり販売していない野菜が入ることもあります。(十全ナス、えんぴつナス、ユウガオ・なます南瓜・つるむらさき・金時草・モロッコインゲン…)
3 個
+

200  (税込)
「あさつき」というと、西日本の方は、細ネギのようなものを、東北の方は、ネギの小さな新芽のようなものを、そう呼んでいるそうなのですが、新潟県のあたりでは、このニンニクのような、小玉ねぎのような、鱗茎(球根)の部分を「あさつき(あさづき)」と呼んで、6-7月ごろに収穫し食べています。新芽の部分は、4月頃に食べます。...
8 個
+

450  (税込)

ゆうがお・ユウガオ・夕顔の実、果実を例年7月下旬から8月下旬にかけて販売しています。こちら新潟・上越地域では、みそ汁の具、あんかけなどにして、夏によく食べています。くせのない、さっぱりした味です。とうがん(冬瓜)と少し似ていますが、ユウガオの方が、やわらかくて美味しいと思います。夕顔(ゆうがお・ユウガオ)は、このあたりでは、「ヨンゴ」と呼んだりします。


200  (税込)
「かぐらなんばん」は、からーいピーマンと言えば、いいでしょうか。新潟では、糀や味噌と合わせて、調味料(例 めちゃうま )をつくることが多いです。 こちらの地域では、「こしょう(胡椒)」「ししごしょう」と呼んだりします。一般的なピーマンよりやや肉厚で小型です。 7月から10月ごろ販売しています。...

350  (税込)
例年8月下旬から11月にかけて販売 全国的には、そうめんカボチャ、ソーメンカボチャ、糸瓜、金糸瓜、 糸かぼちゃ、そうめん南京、そうめんうり などと呼ばれます こちらでは、「なますかぼちゃ」(酢の物にするため)と呼んでます ゆでると、中身がほぐれて糸状になります...

450  (税込)
例年8月下旬から11月にかけて販売 全国的には、そうめんカボチャ、ソーメンカボチャ、糸瓜、金糸瓜、 糸かぼちゃ、そうめん南京、そうめんうり などと呼ばれます。 英語では、Spaghetti squash(スパゲッティかぼちゃ)というそうです。韓国語では、「국수 호박」(麺かぼちゃ)。...

300  (税込)
例年8月下旬から11月にかけて販売 全国的には、そうめんカボチャ、ソーメンカボチャ、糸瓜、金糸瓜 糸かぼちゃ、そうめん南京、そうめんうり などと呼ばれます こちらでは、「なますかぼちゃ」(酢の物にするため)と呼んでます ゆでると、中身がほぐれて糸状になります...

250  (税込)
薬味やお漬物にどうぞ こちらの地域では、棚田でつくっているので、 「棚畑みょうが」とも呼んでいます。 例年 8月下旬から9月下旬にかけて出荷できます 生産地 上越市安塚区 でお届けします。

400  (税込)
令和元年産9-10月頃販売予定です。 ずいきは、ヤツガシラ(里芋の一種)の葉柄(茎)の部分(「ズイキ、いもがら」などと呼んでいます。)です。 いわゆる「里芋」の茎は、アクが強いですが、このヤツガシラの茎はアクが少ないものです。 乾燥したものが、良く売られていますが、こちらは、生の未乾燥の状態です。...

350  (税込)
肉厚で、香りのある原木の生しいたけ 春4-5月と秋10-11月頃、販売しています。 焼いて召し上がっていただいたり、 天気のいい日に干して干しシイタケにして、 いただいてはいかがでしょうか 冷蔵便で、発送します。 生産地 上越市安塚区

350  (税込)
 上越市安塚区の棚田の粘土の中で、育った里芋です。見た目は悪く、小さい芋が多いです。ねっとりしています。 無選別、無洗浄です。粘土が少し付いています。洗うと日持ちがしません。  10月中旬から11月にかけて販売します。...

5,000  (税込)
新潟の西洋ナシ、ル レクチェは、12月が旬の果物です。甘い香りがただよい、いかにも美味しそうです。 明治時代に、フランスから現在の新潟市南区(旧白根市)導入されました。 非常に栽培の難しい希少な果物だそうで、フランスでは現在あまり栽培していないそうです。...

3,000  (税込)
新潟の西洋ナシ、ル レクチェは、12月が旬の果物です。甘い香りがただよい、いかにも美味しそうです。 明治時代に、フランスから現在の新潟市南区(旧白根市)導入されました。 非常に栽培の難しい希少な果物だそうで、フランスでは現在あまり栽培していないそうです。...

700  (税込)
こんにゃくの原料の生の芋です。こんにゃく玉と呼ばれたりします。 自家製こんにゃく作りにいかがでしょうか 11月頃から冬期間、販売予定です 平成30年産は、不作でほとんど入荷がありませんでした。 1玉おおむね400g前後です 生産地 上越市安塚区