夕顔(ユウガオ)約3kg(2.7kgから5kgまで)

450  (税込)
yu-gao
在庫切れ
ほしい物リストに追加 比較リストに追加

ゆうがお・ユウガオ・夕顔の実、果実を例年7月下旬から9月上旬ごろにかけて販売しています。こちら新潟・上越地域では、みそ汁の具、あんかけなどにして、夏によく食べています。くせのない、さっぱりした味です。とうがん(冬瓜)と少し似ていますが、ユウガオの方が、やわらかくて美味しいと思います。夕顔(ゆうがお・ユウガオ)は、このあたりでは、「ヨンゴ」と呼んだりします。

ウリ科ユウガオ属の植物で、長い夕顔(長夕顔・ながゆうがお)と、丸い夕顔(丸夕顔・まるゆうがお)があって、ここでは、長夕顔を栽培しています。
どちらも、薄く切って干すと、かんぴょう(干瓢)になります。

ミャンマーの方も食べるそうで、「ブーディー」「ボウディー」と言うそうです。英語では「bottle gourd」(ボトル形のウリ)。韓国では、「박」(パク)「나물박」(ナムルパク)「식용박」(食用パク)と言うそうです。台湾の方も炒め物、煮込み料理にするそうです。また、「瓢箪」と呼んでいるとのことで、日本の「ヒョウタン」と実は同一種ということです。日本でヒョウタンと言われているものは、食用に適さない(有毒・ククルビタシン・苦味)ものがあり、その中で苦味の少ないものが選別され、食用のユウガオとなっている模様です。ということなので、万が一苦味が強いものがあった場合は、食べるのはやめましょう。(厚生労働省のページ)

みそ汁の具、あんかけなどにして、お召し上がり下さい。
この地域の人は、食べる大きさに切ってゆでて、冷凍してとっておいたりします。

1本2.7kg-5 kg程度のものをお届けします。
約3kgのもので、長さ40-50cm、直径15cm前後の大きさです。
自然のものですので、大きさがそろいません。
ご了承下さい。

お一人様1回5本までと、させていただきます
冷蔵品と同梱包の場合は2本までとなります

お支払が、クレジットカード、代金引換の場合は、ご注文後、すぐに発送いたします。
コンビニ(オンライン)、郵便振替口座、銀行振込、スマートピットの場合は、ご入金確認後に商品の準備、発送となりますので、
少しお時間をいただく場合や、品切れになる場合があります。ご了承下さい。

夕顔(ゆうがお)のレシピ、食べ方

夕顔(ゆうがお・ユウガオ)のレシピ、食べ方

準備
 使う分だけの長さを切る。(残りは切り口にラップをして冷蔵庫に)
 皮をむく
 縦方向に4分の1に切る
 中心の部分、白い綿、種の部分を取って捨てる

あんかけ
 つくり方 夕顔・ジャガイモ・人参は、2cm角に切り、油揚げ・肉を入れてだし汁で煮る。
 野菜がやわらかくなったら、塩としょう油で少々味付けをし、片栗粉を水で溶いて入れる。

生姜醤油
 つくり方 夕顔を薄く切りゆでる。ゆで上がった夕顔をざるに開け、水気を取り、あら熱をとった後、冷蔵庫でよく冷やす。
しょう油に生姜・わさびをお好みの量を入れ、冷えた夕顔にかけて食べる。

辛しあえ
 つくり方 夕顔を薄く切りゆでる。ゆで上がった夕顔は、きつく水分をとる。
 ごま・ピーナッツ等で味噌和えを作り、その中に辛しを入れてよく混ぜる。でき上がった辛し味噌の中に水分を絞った夕顔をあえる。

のっぺ汁
 つくり方 夕顔・里芋・人参・しいたけを角切りにし、油揚げ・コンニャク・ぎんなんをだし汁の中に入れて、やわらかくなるまで煮る。やわらかくなったら、塩としょう油で少々味付けをし、片栗粉を水で溶いて入れる。

鯨汁(クジラ汁)
 新潟の郷土料理、塩クジラと一緒に味噌汁にします。
 塩クジラは、クジラの皮の脂肪部分の塩漬けで、あぶらがあって、臭みがありますが、ユウガオがさっぱりしていますので、あうんでしょうね。

生産地 上越市安塚区

早速の連絡、ありがとうございます!
お陰様で注文出来ました! すごく嬉しいです! 田舎に行く機会も減り 夏の楽しみでもある 夕顔が食べれなくなるのが残念でした。両親の喜ぶ顔が目に浮かびます‼
レビューを書く