新潟県上越市

クレジットカード情報の安全対策

2018/12/20
by ましの ひでき
クレジットカード

みなさんは通販サイトで買い物をされる時に、支払はどうされていますか?

 おそらく、クレジットカードを使われる方が多いと思います。代金引換、銀行振込の方もいらっしゃると思います。私は、以前は銀行振込を使うことが多かったのですが、最近はクレジットカードを使うことが増えています。

 理由は、以前は、クレジットカードの情報を通販サイトの画面に入れるのは、ちょっと安全でないかな?と思っていたのですが、だんだん利用の頻度が増えてくると、慣れてきて、一番簡単な支払方法になりつつある、という感じでしょうか。安易ですね・・。

 一応、私どもの運営しているネットショップのクレジットカード決済の安全対策について、ご紹介します。といっても私の所が特別なことをしている訳ではなくて、ほとんどの通販サイトで標準になっている方法ですが。

その1 SSL暗号化通信を行っています

みなさんのスマートフォンやパソコンとネットショップの間の通信を暗号化しています。

スマートフォン・パソコン--(暗号)--> ネットショップ

このように通信を行っているので、途中で情報が仮に盗まれることがあっても、盗まれた情報は暗号化されていて、利用する価値がありません。


その2 クレジットカードの情報のやりとりは、トークンという暗号を使って行われます。

また、暗号が出てきましたが、私どものネットショップでは、みなさんのクレジットカードの情報には、触れない形になっています。ちょっとややこしいのですが、


客-----カード情報-----> クレジットカード
様<---トークン(暗号)--- 決済代行会社

お客様---トークン(暗号)---> ネットショップ ---トークン(暗号)---> クレジットカード決済代行会社

 お客様が、カード情報を入力する画面では、ネットショップと関係なく、クレジットカード決済代行会社と直接やりとりをしています。この間の通信は、その1のSSL通信になっています。クレジットカード決済代行会社は、情報セキュリティ対策をしっかり行っている会社ですので、安全だと思います。お客様のカード情報は、トークンという暗号になって返ってきます。

 ネットショップでクレジットカード決済の時に使われるのは、このトークンです。ということで、ネットショップには、トークンという暗号しか残らないので、万一情報が、漏れることがあってもカードの情報は、漏れないことになります。

 以上、現在行っている、クレジットカード情報の安全対策について紹介しました。ただ、絶対安全なものは、ないでしょうから、みなさんは、クレジットカードの明細を毎月、一応確認して下さいね。

コメント

投稿はありません

新規投稿