屋根の雪堀りをしました

2021/01/06
by ましの ひでき

この冬、安塚の雪は多いです。だいたいお正月ぐらいに少し根雪があって、これから1月の中下旬に向かって積雪が、だんだんと増えていくことが多いのですが。今シーズンは、お正月の時点で2メートルぐらいの積雪になっています。

こちらの道の駅の中には、雪だるま物産館と雪むろそば家小さな空と主に2つの建物があります。雪だるま物産館の屋根は自然落雪式なのですが、お蕎麦屋さんの方は、落雪式ではないので、人力で下ろします。雪の少ない地域では、「雪かき」と言ったりしますが、こちら豪雪地域では、「屋根を掘り出す」感じなので、「雪掘り」と言っています。12月の中旬に、1回かなり降りまして、1回目の雪堀りをしました。その後、年末年始にかけて、まあまあ降りましたので、今回は2回目の雪堀りです。

写真は、雪掘りをしている蕎麦屋さんの屋根の頂上から撮ったものです。天気が良かったので、影がハッキリ写りました。写真に写っている周囲の建物も割と雪下ろしが済んでいます。

昨シーズンは、かなり雪が少なくて、スキー場も大変でしたが、今シーズンは、大丈夫そうですね。

群馬の草津の方から来られたお客様が、雪がいっぱいありますねー、と言ってらっしゃいました。

新型コロナウイルスの影響で、なかなか遠出がしにくい状況ですが、ほとぼりがさめたら、是非スキーなどで、遊びに来てください。

Pinterest

コメント

投稿はありません

新規投稿