雪中貯蔵施設「ユキノハコ」オープン

2021/03/27
by ましの ひでき
新潟県上越市安塚区樽田 道の駅「雪のふるさとやすづか」の敷地内に、雪中貯蔵施設「ユキノハコ」が3月27日(土)にオープンしました。

雪中貯蔵施設(雪むろ)は、雪を使った自然エネルギーの冷蔵庫。

上越市安塚区内には、今回の施設を含め8つの雪むろがあり、施設の冷房や農産物の冷蔵に利用されています。

 同所においては雪むろが平成5年3月に旧安塚町により建設され平成29年12月に改修工事中の火災で焼失していましたが、上越市は再建に向け、雪中貯蔵施設整備についての基本構想をまとめ「①農産物の高付加価値化による農業所得の向上や、②雪国の知恵を伝え、地域に賑わいをもたらす施設」をコンセプトに令和元年度に設計、令和2年度に建設工事を進めてきました。

令和2年12月から令和3年1月にかけて安塚区では豪雪となり工事にもやや影響がありましたが、概ねスケジュール通り竣工を迎えました。3月16日からは、貯雪室への雪入れを開始し3日間をかけてほぼ満杯の状態にしました。現在、貯蔵庫内に棚田米や日本酒、そばなどの搬入を順次進め、雪中貯蔵を始めています。

雪むろで貯蔵したお米は、一般的な冷蔵庫の貯蔵に比べ、より温度変化が少なく粘りや甘みが増す傾向があり、収穫時の鮮度が保持されています。

3月28日(日)からは、土曜日、日曜日、祝日のそれぞれ11:00と13:00の1日2回ずつ1回約10分程度の見学会を行います(10月まで)。3月28日の見学会には、先着50名の方にやすづか棚田米300gをプレゼントします。
見学をご希望される方は、上記の日時に雪だるま物産館までお越しください。人数によっては、多少お待ちいただくこともございますが、ご了承下さい。

問合せ先 雪だるま物産館 TEL 025-595-1010

Pinterest

コメント

投稿はありません

新規投稿