ひかり電話が故障しました

2018/07/10
by ましの ひでき

2018年の7月9日(月)から7月10日(火)の14時頃まで、固定電話(025-595-1010)が使えませんでした。
実は、ファクシミリもインターネットも、使えませんでした。
この間にご連絡をいただいた方、すみませんでした。もっとも7/9(月)は、定休日でしたので、電話は少なかったと思います。

数年前から、電話、ファクシミリは、ひかり電話という光回線を使った、インターネット電話に切り替えていました。写真は、私たちのところで使っているビジネスホンで、左の上から3つが外線のボタンなのですが、すべて真っ赤のビジー(使用中)の状態でした。
たまたま、定休日でしたが夕方、用事があって、電話を見たところ、誰もいないのに、外線ボタン3つが真っ赤。これは、おかしいなー、ということで、さっそく「113」に携帯電話から、電話をしました。どうも、ひかり電話の場合は、「113」が担当ではない、とのことでしたが、担当部署に転送してくれる、とのことで、その後、連絡を待ちました。NTTの担当の方から連絡があり、状況を話した後、一回通信で、状態を確かめてみるとのことで、また、連絡を待ちました。すると、ちょっと意外な連絡が来ました。
NTTの担当者「そちらの地区で、複数の回線で不具合が起きています。明日の9時から5時の間に伺います。それでよろしいでしょうか?」
私は、少し言っている意味がよく分からず。
「えっ、こちらの機械の不具合の可能性はないのでしょうか?」という趣旨のことを言いましたところ、
NTT担当者「ええ、複数の回線で不具合が起きています。ですので、明日9時から5時の間に、工事の担当者が伺います。」
なるほど、どうも私のところだけでなくて、他の所でも不具合が起きている。なんだか原因はよく分からないが、お店の電話が使えないのは、困るので、
私は「9時から5時なんて言わないで、早めに来てくださいね」と話をして終わりました。

翌日、電話が鳴りませんので、静かな落ち着いた環境で、9時にお店はオープンしました。電話だけ、具合が悪いと思っていたら、どうもインターネットもつながりません。これは、光回線の具合が悪いんだなー、とその時点で分かりました。けっこう外は、暑いです。お客様は少な目で、午前中に、野菜を出荷してくれている方たちと、夏野菜の規格の打合せ、確認などを行いました。11時になりました。依然として電話は、沈黙しています。
12時になりました。私の携帯に、上越市内の固定電話から電話が来ました。NTTの方でした。
NTT担当者「現在、ご不便をおかけしております。状況の説明をいたします。隣の地区で、漏電事故があり、光回線のケーブルが焼けてしまいました。現在、復旧作業をしています。ただ復旧の見通しはたっていません。復旧しましたら、こちらからご連絡いたします。」というような話でした。
「復旧の見通しがたたない」・・まいったな、、と思いましたが、待つしかありません。
14時30分ごろ、何の前触れもなく、突然、真っ赤な3つのランプが消えて、電話が使えるようになりました。
それから1時間ぐらいしてから、NTTの工事の担当者の方から、「現在、仮復旧をいたしました。電話が使えるかどうか試してみて下さい」。私「いや、もう1時間も前から使っている。とりあえず問題ありません」‥という形でとりあえず、元に戻りました。

少し違う話ですが、この光回線が具合が悪くなると、ある携帯電話会社の電話の電波が弱くなりました。どうも無線基地局(アンテナ)をネットワークにつなぐのに、光回線を使用しているみたいですね。光回線がなおると、その携帯の電波も元通りになりました。

Pinterest

コメント

投稿はありません

新規投稿