天然のあけび500g

600  (税込)
akibi500g
在庫切れ
ほしい物リストに追加 比較リストに追加
  • Pinterest

説明

安塚の山で自生している、天然のあけび
9月下旬頃から10月上旬頃にとれることが多いです。
若い芽の部分は、春に「木の芽」として食べられますが、こちらは、秋になる実の部分です。
厚い皮の中の、種の周りの部分を食べて下さい。

500gです。3個から5個入りです。

自然のものですので、採れた日のみの販売です。

 

関連商品

akebinome50g
300  (税込)
アケビの芽。若い芽は「キノメ」と呼ばれています。この柔らかいツルを食べます。ゆでて、あくを抜いて、おひたしやあえ物に。ほろ苦い味です。 秋になると、青紫の大きな実がなります。 2020年産の販売は、終了しました。 自生地 新潟県上越市安塚区 あけびの芽のおひたし、ウズラの卵と

お問い合せ・予約